matakite-shikaku.com
082-922-2080
Facebook
メール会員募集中

 


 

宮島 御砂焼きの由来

昔、旅に出る時、道中の無事を願って、厳島神社神殿の下の砂をお守りに持っていった。
そして無事帰郷すれば旅先の砂を持ち帰り、倍にして返すという「御砂返しの儀」が信仰上の習慣として行われていた。
天明・寛政の頃、この「御砂」を使って大祭用の祭器をつくったのが御砂焼の発祥といわれ、文政年間に藩主浅野斉賢公が、この「御砂」を混じえて茶器類を焼かせた、これが宮島焼のはじまりで、日本三景の一つ、宮島の名声とともに宮島焼はその真価を認められた。この器に、またきて四角を納めました。

 またきて四角 バームクーヘン 巴里ミヤゲ NYチーズケーキ
 
 アクセス

 オーダー